スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

湿度との闘い! 

ということでかなり苦戦しております。一番困っている溶剤のディッピング時のブラッシング(ボディー表面の白濁り)はディッピング前に少しボディーを温めてディッピングして、ストーブの前で乾燥させればかなり防げることがわかりました。

しかしこのくそ蒸し暑い時期にストーブ、、、泣けてきます、、、効率も悪いしのでなかなか数が取れず遅れています。35℃越えの室温で防毒マスクを着けて作業をしていると奇声をあげてポンドに飛び込みたくなる衝動に駆られますが何とか耐えております。

製作状況ですが、なぜか透明素材よりボーン系の方が曇りが出にくいのでボーン系を少し前倒しで製作しています。今回製作するボーン系カラーを少し詳しく説明すると、透明素材と同じABSですがナチュラルと呼ばれる不透明ABSで出来ています。ボーンという呼び名の由来はこのナチュラルABSの素材色が骨のような乳白色であることから呼ばれているようです。透明ABSに比べると少し比重が軽くキビキビした動きが出しやすいと言われていますし耐衝撃強度も優れています。
しかし管釣り系では(バスもかな?)あまり普及していません。透明系カラーが出来ないのとリップも色つきになってしまう為でしょうね。リップの色は嫌う人が多いですが私的にはリップが透明でも色つきでも関係ないと思っていますが皆さんはどうでしょうか?

少し脱線しましたが従来のココニョロインジェクションはスローフローティングで潜り込みが良いため表層で使いにくいという部分がありました。今回製作のボーン系はウエイトの量と位置を変えてより表層付近を引きやすくしています。素材とウエイトの軽量化のおかげで動きのレスポンスも向上しています。従来の透明タイプが少し潜らせて超スローリトリーブで誘うのに向いているのに対しボーンは表層をスロー~ミディアムスピードで引いて(あくまで管釣りルアーの速度感覚です)浅いレンジを少し手返し良く攻めるのに向いていると思います。ウエイトの負荷にまだまだ余裕があるので鉛板を貼ったりするチューニングベースにも面白いと思います。

という感じでいつものごとく少し遅れています。販売は7月にずれ込みそうですがなるべく早くかつ丁寧に製作していきますのでもう少しお時間いただけますようお願い申し上げます。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kokocrakomi.blog84.fc2.com/tb.php/97-b24195b2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。