スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カエル受難! 

つい先日、大変恐ろしい記事をインターネット上で発見しました。
海外でたくさんの両生類を絶滅に瀕するほどのダメージを与えてきた「カエルツボカビ病」というカエル、イモリなどに感染する病気が日本で確認されたというニュースでした。

最初にアフリカで発見されたこの病気の致死率(カエルたちの)はなんと約90パーセント!カエルたちにとってはエボラ出血熱どころの話ではありません。

日本への侵入経路ですが、海外よりペットとして輸入されたカエルが感染していたようです。幸いな事にまだ日本の自然環境下では発見されていないようですが、水を介して感染していくらしく、このカビの感染力は強力らしいです。
一度感染が拡大していくと収拾する方法はないということらしいです。
まさにカエルたちに取っては細菌兵器のような存在です。

いくらカエル嫌いな人でも「カエルがいなくなっていいや!」と思う事態ではないと思います。

我が家の愛すべきペット、アルビノアマガエルの「コキンちゃん」が喋れたらこう言いそうです、、

「おうおう!オマエラ人間が金儲けのために俺たちカエルをさらって海外に売り飛ばしたりするからこんなことになるんじゃ、ゲロ!どうしてくれるんじゃ、ゲロロ!」

と怒られそうです。

どうかこれ以上、愛すべきカエルちゃんたちが苦しむことのないように祈ります。

詳しくはこちらWWFのページ


コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kokocrakomi.blog84.fc2.com/tb.php/21-7a3de87e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。