スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

と言う事で続きです。 

と言う感じで岬周りのポイントで2時間半ほど過ごしました。

日差しが強まりかなり暖かくなってきたので、少し移動してシャローエリアに
隣接するエリアに行きました。
ここは投入点の水深は先ほどのポイントと同じ位ですが、手前のほうはやや深い感じです。

私はスプーン、T永氏はディープクラピーをキャスト!
30分ほど微妙に場所を変えつつ投げていると、

「来たっちゃ!デカイ!」とT永氏!

水温のせいかあまり走らなかったですが、重量感のあるファイトであがってきたのは、
45cm弱のオスのニジマス!

20070120000419.jpg


ヒレはイマイチですが、あごがしゃくれて猛々しい顔です。

そのあと少ししてまたT永氏が25cmクラスをキャッチ。
私も少し浅いエリアでココクラ30で同クラスを追加しました。

釣果は4時間で私4匹、T永氏2匹。サイズはT永氏の45cmクラスが最大でした。勝負的には引き分け(笑)

数的には少し不満ですが久しぶりの他のエリア、楽しめました!

行かれる方に注意点として

足場は大変良いですが、ところどころオーバーハング状に岸辺が侵食されていて、
上に載ると危険です。(表示あり)
お子様の入場制限などは無いようですが、目を離されないようしてあげてください。
落水すると粘土質の土質の為、這い上がり難そうです。
またそういった理由でネットも必需品です。

タックルは6フィート以上が好ましいです。私は遠投性を重視し、湖用7、6フィートを使用しました。
ただレギュラーサイズは25cm位なのであまりヘビーだと引きが楽しめません、、、

ルアーは2g以上のスプーン、クランクがいいようです。
当日は3,2gの赤金スプーンで2匹つれました。

フライは正直難しいと思います。キャストが可能な場所が限られる(ウェーディング不可)のと、魚の密度が薄いため効率が悪いです。ライズもありませんでした。
フライのアングラーはお一人でしたが、私が帰るまでノーフィッシュだったようです。

放流は不定期のようですが、事前にHPで情報は入手できるようです。
放流直後、マスの群れが固まっているときに行く事が出来れば固め釣りも可能か?!


以上のことを参考にされてください!

あっ!普段は障害物が無いため、風が通ってメッチャ寒いようです!
防寒はバッチリで挑んでくださいね!

釣れなかったら帰りにココノエで癒されてください。さらに凹んだりして(爆)






コメント

志高湖で釣りして九重に行って夜はメバルに行ってと釣り三昧しましたよv(^^)九重で(今日から大潮ばい)な~んて言うので思わず(むむ!これは行かねば!)って頭の上で神様が叫んでおったのであの日の釣り締めはメバルで締めましたよまあまあ結構釣れたんで良い一日でしたよ、楽しすぎて日付変更線越えてしまいましたけど(*^-^*)久しぶりに良い感じでしたよ。(写真送るの忘れてしまいました!)(>_<)

お疲れさまでした!同伴出勤までしていただいてありがとうございました!
志高湖、HPを見ると我々が行った日に40回もヒットした方がいたようです。
我々も修行が足りませんねー!完敗ですね。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kokocrakomi.blog84.fc2.com/tb.php/17-3ae61f93

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。