スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プラニョロ進捗状況 

先日業者さんに送った原型から早くも外形データが作成され画像が届きました。

ココニョロ2

もったいつけるほど大したものではないのでワンカットご覧いただきますね。
デザインは極めてシンプル、ルアーデザインに対する私の考えです。(複雑な形状が出来ないという噂も)

大きさは現行ココニョロより一回りボリュームが出ます。プラなので飛距離はかなりUPできそうです。(ただし現行ココニョロは飛距離に関してはダメダメの部類です)

大体釣り具業界はルーズですが今回お願いしているところはデジタルカメラや家電等の部品を多く手掛けている業者さんなので仕事が丁寧、連絡がきっちりしてとても安心感があります。

そんな感じで順調に進んでいます。進展があれば随時報告していきますね!




スポンサーサイト

久しぶりの釣行記? 

やっとプラニョロのデザインが決まり金型屋さんに原型モックを発送しました。もう後戻りはできません!!

ということで昨日は製作をお休みして別府の公園にザリガニ釣りに行ってきました!この公園には小さな池や小川が造成されているのですがそこにアメリカザリガニが繁殖しています。近所では有名らしく当日もたくさんのちびっ子アングラーがいました。

ザリガニは私の故郷の大阪にも30年前くらいはたくさんいて、子供のころはどぶ川にしょっちゅう釣りに行っていました。ザリガニ釣りと言えばタックルはタコ糸にスルメというストロングスタイルが基本ですが、今回は息子が3歳の時に釣り堀の裏山から切り出して作ったのべ竿にナイロン糸、スルメ直結で挑みました。

ポイントの池には10名くらいのちびっこアングラーがいたので挨拶をして混ぜてもらいました。足場は石造りの桟橋で大変良いです。池の水深は80cmくらいで底まで何とか見えます。じっと眼を凝らすと小型中心ですがたくさんのザリガニがいます!早速高級スルメ?を投入するとワラワラと寄ってきました。ゆっくり持ち上げると小気味よい引き(大袈裟)で小型のアメリカザリガニをゲット!

それからも子供でも飽きないくらいに釣れました。中にはダブルヒットも!ティップの柔らかい竿が良かったのか引き揚げ途中の餌放しも少なかったです。竿がない手釣りスタイルだと結構途中で放してしまいます。

200904131601004.jpg

公園の整備、池の雰囲気ともに素晴らしかったのですが、残念なことにたくさんのスルメの袋やお菓子のパッケージなどが落ちていました。帰り際に周りの子供と一緒にゴミを拾って帰りました。声をかけると網で熱心にゴミをすくってくれる子供たちもいてなんだか気持もすっきりリフレッシュできました。

古味家のレジャーは超安近短が多いですが、お金を使わずともなかなか楽しい遊びがあるものですね。また行こうねとみんなで話しながら帰路に着きました。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。