スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セミに思う 

久しぶりの更新です。夏は毎朝5時前起きで、ナイター期間中は帰宅が10時前となかなかハードな生活の上、ルアー製作が込みあっていて更新する余裕がありませんでした。

昨日は平日だった為、夕方7時前に自宅に着きました。車を降りるとなにやらゴソゴソ動く物体が。どうやらアブラゼミの幼虫が羽化の為地上に出てきたようです。

「もうお盆も過ぎたのに随分のんびりしている奴だなあ」と思いました。コンクリートの壁際を困ったようにウロウロしているのでとりあえず我が家に招待。

カーテンに止まらせると、どんどん上っていってカーテンの最上部で停止。どうやら羽化の場所を決めた様です。

a href="http://blog-imgs-14.fc2.com/k/o/k/kokocrakomi/20070824071656.jpg" target="_blank">セミ1


しばらく見ていると背中が割れてどんどん体が出てきます。意外と羽化のスピードは速く、子供も食事そっちのけで見とれていました。

セミ2


1時間ほどで無事に身体も出て、しばらくすると羽も美しく伸びました!アブラゼミは茶色の地味な色ですが、羽化直後はなんとも形容しがたいほどの美しさです。

セミは地中で6,7年過ごすらしいので、このセミはちょうど九重がオープンした頃に生を受けたのだな、と思うと感慨深いものがありました。

今朝、すっかり身体も硬くなりましたので放してあげました。隣家の柿の木に元気良く飛んで行きました。

「もう夏も終わりなのに大丈夫かなー?」と思っていると柿の木から大音量の元気な鳴き声が!

それはまるで、「何も急ぐ事はない、自分のペースで全力を尽くせ!」といっているようでした、、、

残り少ない命を燃やすセミに励まされた、38歳晩夏の朝でした。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。